倉敷市で注文住宅の建築を検討している方は必見!口コミや評判のいい人気の工務店・ハウスメーカーを紹介してます!

注文住宅をできるだけ安く抑えるコツ

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/04

家族や自分のこだわりをもった住宅に住みたい場合には、注文住宅を建てる必要があります。しかし建売住宅よりもこだわりを実現できる分だけ、コストが多めにかかってしまう可能性が高いです。そのため、延べ床面積や工法などを意識してできるだけ施工料金を安くするように工夫をすることが重要となります。

利用する業者でそもそもの料金に違いがある

住宅の購入には多額のコストがかかりますから、どうせなら自分の理想的な住宅を建てたいところです。住宅は頻繁に買うような物でもありませんし、どうせ買うなら長く住んでも飽きないような住宅を建てたほうが快適な暮らしを実現できます。

自分の理想に合った住宅を建てるには注文住宅を選ぶ必要がありますが、少し工夫をしないとコストが大きくなってしまう可能性が高いです。できるだけ安い価格で住宅を建てるには、住宅を建ててもらう工務店やハウスメーカー選びが重要になってきます。利用する業者によって施工料金に違いがあるので、少しでも安い施工料金で対応してくれる業者を選択するのが大切です。

しかし安さだけを追い求めてしまうと、低品質な住宅を建てられてしまうような問題もあるので、そうなるとトラブルに発展してしまうので注意する必要があります。

工務店やハウスメーカーなどの特徴を分かりやすく紹介しているサービスも存在するので、倉敷で住宅を建てたい場合にもチェックしておくと安くて品質の高い注文住宅を手に入れられるはずです。品質と料金のバランスを各自でチェックして魅力的な工務店やハウスメーカーを見つけたら、積極的に問い合わせをしていくのが成功の秘訣になります。

延べ床面積を小さくする、シンプルな作りにする

注文住宅を安くするには、サービスを利用する業者選びが重要なポイントになります。しかし、業者を選んだ後でもさらにコストを下げるコツは存在します。建てる住宅の延べ床面積を小さくすることで、効率的にコストを下げることができるので、簡単に安くて素敵な注文住宅を手に入れられます。

延べ床面積を小さくすればコンパクトな住宅にはなりますが、収納などを工夫することで、暮らしやすい住宅を建てることが可能です。さらに建物の構造を複雑にすると施工料金が高くなりやすいので、シンプルな2階建ての住宅にしたほうが、安く注文住宅を建ててもらうことができます。

大きな家は魅力的ではありますが、建てるときのコストが大きくなるだけでなく、実際に住みだしてから負担する光熱費や修繕費なども多額になってしまう可能性が高いです。そのため生活を維持するのが難しくなってしまいますから、コンパクトで住みやすい住宅を建てたほうが将来的にも暮らしやすい住宅になるはずです。

3階建てにすることで住宅のスペースを増やすような考えもあるかもしれませんが、2階建てよりも使用する建材が多くなるだけでなく建物の安全性を確保するためのコストも発生してくることが考えられます。そのため安い注文住宅を実現したい場合は、3階建ての住宅は避けたほうが賢明です

工法や和室の有無でも料金は変動する

住宅を建てるときにいろいろな工法が用いられますが、日本の住宅で古くから用いられてきている木造在来工法は施行料金が安くなる可能性が高いです。古くから活用されてきた工法だけに、多くの工務店やハウスメーカーで対応できるので、コストを効率的に抑えることができます。

また日本人としての和の心を求めて、和室を住宅の中に用意するケースがありますが、和室は洋室よりも施工料金が高くなりやすいので、安さを求めている場合は和室はなしにしたほうが安全です。

また、住宅に使用する部材や仕上げ材などを各自で選択することでさらに安い住宅を手に入れることはできますが、あまりにも安さばかりにこだわってしまうと折角の注文住宅の醍醐味が薄まってしまうので、注意が必要になります。

壁の部分もクロス仕上げにすることで低コストを実現できますし、水まわりについても1ヵ所にまとめられるように工夫すると施工料金が安くなりやすいです。

さらに、洗面所やバスルームもシンプルな造りにすることで、施工料金を安くすることができます。注文住宅はいろいろなこだわりをもつことができる一方で、少しコツを理解しておくことで安い住宅を建てることもできますから、各自の予算に合わせて工夫をしていくのが大切です。

 

家族で快適に暮らせる住宅を建てるときに注文住宅を選択すると、理想に近い住宅を手に入れることができます。しかし余りにもコストが大きくなってしまうと予算オーバーになってしまうので、各自で工夫して安い施工料金を目指す必要があります。

施工を任せる工務店やハウスメーカーによっても料金には違いがありますし、延べ床面積を小さくしたりシンプルな構造の住宅にしたりするだけでも低コストを実現できる可能性が高いです。工法や和室の有無などでも安い施工料金を目指せるので、各自でどのような部分で妥協するのかを判断するのが重要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索