倉敷市で注文住宅の建築を検討している方は必見!口コミや評判のいい人気の工務店・ハウスメーカーを紹介してます!

注文住宅で後悔しないために気を付けるべきこと

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/09/04

注文住宅は、自由度が高いため理想の家造りができるというメリットがありますが、土地選びや設計といったことを一から行うタイプの住宅なので、気を付けるべき点も多いといえます。ここでは、依頼先の業者を選ぶ際の注意点や、土地選びに関する注意点、そして間取り決めでの注意点という、家造りで後悔しないためのポイントについて紹介します。

依頼する業者選びで気を付けること

注文住宅を依頼できる業者は、ハウスメーカーと工務店、設計事務所の主に3タイプだといえますが、これらの業者には、それぞれメリットもあれば注意しておきたいこともあります。

まずハウスメーカーは、規格化された住宅を量産するのが得意な業者であり、一定の品質が維持できるというのがメリットです。しかしその反面、「自由度が低いことや、特殊な形状の土地では費用がかなり高くなったり、断られたりすることがある」という点に注意すべきだといえます。

次に工務店は、ハウスメーカーなどと違って中間業者がいないためその分価格が安くなることなどがメリットになります。しかし、中間業者がいないということは監視する第三者がいないということでもあるので、何かトラブルが発生した場合に問題をうやむやにされてしまうこともあるという点に注意すべきです。

3つ目の設計事務所は、特殊な形状の土地ではハウスメーカーや工務店よりも安くできる場合があるということがメリットになります。ただし、設計事務所というのはあまり情報がないため、自分に合ったところを探すのに苦労したり、設計料も事務所によって大きく違う場合があるという点に注意が必要です。そのため設計事務所を選ぶ場合は、複数の事務所に見積もりを出してもらったうえで比較検討することも重要だといえるでしょう。

土地を探すときに気を付けること

家を建てる際、土地がない場合はそれを探すところから始める必要がありますし、とりあえず土地を探したあとに建物のことを考えようという人も多いといえるでしょう。しかし土地探しは、どんな建物にするかという計画と同時進行で行わないと思わぬ失敗をしてしまうこともあります。

そのことを踏まえると、まずは「土地代が高すぎると建物に予算が回らなくなる」という注意点が挙げられるでしょう。家造りは限られた予算の中で行う必要があるため、いくら理想的な土地を見つけても、土地代が高すぎると建物にかける予算を大幅に削らなければならなくなるのです。そのため、土地探しは建物にかかる費用と土地代のバランスを考えながら進めていくことが重要になるといえます。

次に挙げられる注意点は、「住宅地や商業地といった用途地域によって建ぺい率が変わる」ということです。建ぺい率とは、その土地に占める建物の面積の割合のことで、用途地域が住宅地の場合は空地を広くとることが必要になりますが、商業地域などでは敷地内のギリギリまで建物を建てられる場合が多いといえます。

ただし商業地域などは、周囲の建物も敷地内ギリギリまで建物に利用していることが多いので、窮屈な感じがしたり日陰が多くなったりすることがあるということに注意すべきです。

間取りを決めるときに気を付けること

注文住宅では、間取りを自由に決められることが大きな魅力になっていますが、その際も注意しておきたいことがあります。まず挙げられる注意点は、「生活の導線をよく考えて間取りを設計しないと使いづらい家になってしまう」ということです。

たとえば、洗濯や料理といった家事は毎日行うものですし、動きやすい導線にしないと家事の効率が悪くなってしまいます。そのため、一日のうちに家族がどんな動きをするのかということをしっかりイメージしながら、スムーズな動きができる導線を考えることが必要になります。

次に挙げられる注意点は、「居住スペースと収納スペースのバランスをよく考える必要がある」ということです。間取りを決めるときは居住スペースを広くとりたいと考えがちですが、収納が狭いとモノが居住スペースにあふれて見栄えが悪くなることもあります。居住スペースを広く確保したい場合でも、ある程度の収納スペースを設けておくことが必要になるといえるでしょう。

さらに挙げられる注意点として、「見た目ばかり重視すると実用性が低くなってしまう」ということがあります。たとえば、吹き抜けのリビングなどはオシャレで解放感もありますが、エアコンの効率が悪くなってしまうといったデメリットがあります。そのため、見た目を重視する場合でも、実際に住んでみたときの実用性はどうかということも同時に考えることが必要でしょう。

 

注文住宅を依頼する業者選びでは、ハウスメーカーや工務店、設計事務所という業者のタイプによってメリットなどが違うという点に注意すべきです。土地探しでは、土地代と建物の費用とのバランスや、用途地域によって変わる建ぺい率に注意しましょう。

さらに間取り決めについては、導線をよく考えることや、居住スペースと収納スペースのバランスを考えること、そして見た目ばかり重視すると実用性が低くなってしまうことに注意する必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索